狭山市の不動産売却|センチュリー21 安藤建設

センチュリー21安藤建設TOP >
不動産売却
狭山市の不動産売却・不動産買取・無料査定はセンチュリー21安藤建設
不動産の売却査定依頼はこちらから  
センチュリー21安藤建設は、埼玉県西部で「不動産売却サポート満足度」「売却実績が豊富な不動産会社」「任せて安心の不動産仲介会社」で第1位
 
センチュリー21安藤建設は、埼玉県西部で「不動産売却サポート満足度」「売却実績が豊富な不動産会社」「任せて安心の不動産仲介会社」で第1位

不動産売却でお悩みの方へ

  • 住宅ローンが残ってるけど
    売れるの?
  • 仲介と買取の違いって?
  • 他社に依頼してるけど
    なかなか売れない。
  • 相続の相談に乗ってほしい。
センチュリーワン君

不動産売却に関する疑問や不安な点を
安藤建設が解決いたします!

過去5年間で2400件以上の不動産売却査定実績
過去5年間で2400件以上の不動産売却査定実績

不動産売却査定実績

売却査定実績をもっと見る

センチュリー21安藤建設が不動産売却と不動産買取に強い理由とは

センチュリー21安藤建設の不動産売却成功事例 センチュリー21安藤建設の売却成功事例 センチュリー21安藤建設に不動産売却査定を依頼する

ご来店予約・ご相談はセンチュリー21安藤建設へお気軽にお問合せください。

センチュリー21安藤建設へのお電話はこちらから 不動産売却に関するお問い合わせはこちら ワンくん

不動産売却に関するよくある質問

売却相談をする際に準備するものを教えてください。

売却相談は、あらかじめ所有不動産の詳細がわかるものを準備しておくと、相談がスムーズに進みます。
 〇購入時のパンフレット
 〇全部事項証明書・公図・測量図
 ※無くても大丈夫です。

不動産の査定は、電話・メールでも可能ですか?

可能です。但し、机上査定というかたちになります。
正確な金額を知りたい場合や、何年か前にリフォームをしている等、その他プラス要因がある場合は訪問査定をさせて頂きお話しをお伺いした方が、査定価格に反映する場合がございますのでおすすめです。

査定はどうやって行うのですか?

査定には大きく分けて机上査定と訪問査定があります。
まずは相場の把握からというお客さまには『机上査定』をおすすめいたします。
周辺の成約事例等からおおよその査定額を概算でお伝えいたします。
また、具体的にご売却をお考えのお客さまには『訪問査定』をおすすめいたします。
ご所有不動産の個別要因を調査・考慮したうえでの査定額となりますので、より実勢に近いものとなります。

売出価格はどうやって決めるのですか?

「査定価格」を参考にして、お客さまと担当者が相談して決めるケースが一般的です。
お客さまの売却スケジュールに沿った売り出し価格をご提示させていただきます。

居住中でも売ることは可能ですか?

可能です。中古物件の場合住みながら売却を進めているという場合が多いです。
見学希望のお客様をご案内する場合は、担当者が立ち会わせていただきますので、ご安心ください。

急いで売りたいときはどうしたらいいですか?

急いで売りたい時のポイントは価格設定と買取の2つです。
価格を相場よりも低く設定して売りに出すことで、早期ご売却の可能性は高まります。
しかし、購入希望者が住宅ローンを利用する場合は、現金化するまでに手続き等に時間を要すため1ヶ月位から3ヶ月位かかることがあります。
また、最短で確実にという場合は不動産業者に買取を依頼することで、1〜2週間程度で現金化が可能です。

現在空き家で不要な家具等があります。処分する必要があるのでしょうか?

不動産売却をする場合、何もない空の状態で引き渡すことが原則です。
不用品の処分は売主さまの負担で行う必要があります。
売主様で処分がむずかしい場合は、弊社で処分も全てお任せいただければと思います。

不動産売却の流れ

センチュリー21安藤建設の不動産売却成功事例 センチュリー21安藤建設の売却成功事例 センチュリー21安藤建設に不動産売却査定を依頼する

ご来店予約・ご相談はセンチュリー21安藤建設へお気軽にお問合せください。

センチュリー21安藤建設へのお電話はこちらから 不動産売却に関するお問い合わせはこちら ワンくん

不動産売却の「仲介」と「買取」の違い

不動産を売却する方法としては、大きくわけて「仲介」と「買取」と二通りの売却方法があります。
そこで、まずは「仲介」と「買取」の売却の流れの違いを確認して行きましょう。

「仲介」での売却の流れ

  • STEP1.

    売却相談・査定依頼

  • STEP2.

    査定価格のご提示(机上査定・訪問査定)

  • STEP3.

    売却依頼(媒介契約の締結)

  • STEP4.

    物件調査(市役所・法務局・現地)

  • STEP5.

    販売開始(広告掲載等)

  • STEP6.

    購入申込

  • STEP7.

    売買契約の締結

  • STEP8.

    残金決済・お引渡し

「仲介」での売却方法は、売却する不動産を不動産会社に売却依頼(媒介契約の締結)をおこなうことで、販売活動が開始となります。
「仲介」の場合は、主に個人のお客様が購入することが多くなりますので、販売活動をおこない購入希望者を探す必要があります。
売却依頼を受けた不動産会社は、既に登録されている購入希望のお客様や新規にお問合せのお客様への物件のご紹介をしていきます。
それと並行しまして、不動産ポータルサイト(SUUMO・HOMES等)や不動産流通機構(レインズ)などのインターネット媒体への掲載を行い広く購入希望者を探します。
不動産の購入検討者が見つかりますと、売主様と購入検討者様の間に入り、契約条件や契約手続きなどの調整をおこない、売買契約を締結していきます。
また、契約締結後も残金決済・お引渡しが完了するまで、不動産会社が売主様・買主様をあらゆる面でサポートをしていきます。
このように売主様と買主様の間に不動産会社が入ることで、安心・安全に不動産の売却が可能となります。

「買取」での売却の流れ

  • STEP1.

    売却相談・査定依頼(訪問査定)

  • STEP2.

    物件調査(市役所・法務局・現地)

  • STEP3.

    買取価格のご提示

  • STEP4.

    売買契約の締結

  • STEP5.

    残金決済・引渡し

「買取」での売却方法は、売却する不動産を不動産会社に買取査定依頼をおこないます。依頼を受けた不動産会社は買取価格を提示させていただき、売主様にご納得いただけましたら売買契約の締結になります。
お引渡しまでの間は仲介と同様に不動産会社が売主様をあらゆる面でサポートしていきます。

「仲介」と「買取」の違いについて

「仲介」と「買取」の売却の流れを比較すると、一番の違いはスピードです。
売却査定依頼をしてから残金決済・お引渡し(現金化)までの期間が全く違います。
また、「仲介」と「買取」の場合では、「売却価格」の違いも特徴としてありますので、それらの違いがどのように影響するかについて詳しく見ていきましょう。

仲介の場合 買取の場合
買主

主に個人のお客様

不動産会社

売却期間

一から買主様を探すために買取よりも大幅に期間がかかる場合が多い。

不動産会社が購入するため、早期に現金化できる。

売却価格

ほぼ相場価格で売却できる

相場価格よりも安くなる

買主が違う

仲介の場合、買主は主に個人のお客様となり、ご自身でご利用になる場合が多いです。
一方、買取の場合、買主は不動産会社となりますので、リノベ―ションを行い再販や解体更地にして新築住宅販売等の事業目的で購入する違いがあります。

売却期間が違う

仲介の場合、買主は個人のお客様となるため、購入希望者を探すにあたり、まず広告(SUUMO・HOMES等のインターネットポータルサイト)掲載などの販売活動をしなければなりません。
また、仲介では、不動産会社は、通常3ヵ月程度を目安に不動産売買契約の締結に至ることを想定した売却査定価格をご提案しますが、近隣不動産の状況等などにより、売買契約の締結までに3ヵ月以上の時間を要することも決して珍しいことではなく、長い場合は一年を経過することもあります。
一方で、買取の場合は買主が不動産会社となるため、仲介の場合のように購入希望者を探す、広告・販売活動を必要としません。
そのため販売期間が不要となり、短期間で売却手続きが完了することとなります。
また、売主様の引越し等のスケジュールや手付金・中間金などの金額面など、様々なご要望にお応えできる場合が多いです。

売却価格が違う

仲介の場合、様々な広告媒体を利用し、広く購入希望者を探すため、不動産市場の相場価格で成約に至る可能性が高いといえます。
一方、買取の場合、不動産会社が購入した不動産を、その後、付加価値をつけた上で、再度販売することとなりますので、仲介の場合と比較すると売却価格が低くなる場合が一般的です。

買取のメリット、デメリットとは

買取のメリット

  • 1.

    仲介手数料がかからない

    不動産会社が直接の買主になりますので、仲介手数料がかかりません。

  • 2.

    早期に現金化できる。

    買取の場合は、不動産会社が直接買主になることから売主様の希望条件に沿った売却手続で進めることが可能となり、売却後のスケジュールが決まっている売主様にとっては、大きなメリットがあるといえます。
    特に、買い換え先が決まっている場合や不動産をできるだけ早く現金化したい場合には、仲介より買取の方が早く売却手続きが完了できるためおすすめです。

  • 3.

    個人のお客様の内覧の必要がない。

    仲介での売却の場合は、お客様の内覧希望を受け付けて、都度、内覧をしてもらわなければなりません。
    一方、買取の場合は、不動産会社が現地確認・内覧をおこない、その後は、内覧の必要がありません。
    そのため仲介の場合に比べて時間や労力の負担が軽減できます。

  • 4.

    近隣や周囲の人に知られる可能性が低い

    仲介での売却の場合、インターネット媒体への写真掲載などを通じて広く広告・販売活動をおこないます。
    一方、買取での売却の場合は、買主である不動産会社と直接取引をするので、周囲に不動産を売却していることを知られる可能性が低いといえます。

買取のデメリット

  • 1.

    仲介による売却の場合より、売却価格が低くなる場合が多い。

    不動産会社は、購入した不動産に付加価値をつけた上で、再度販売することを前提として購入(買取)をおこないます。
    そのため再度売却(販売)する際のリスクや経費を想定するため、仲介の場合と比較すると一般的には売却価格が低くなることがあります。

不動産売却メニュー

センチュリー21安藤建設の不動産売却成功事例 センチュリー21安藤建設の売却成功事例 センチュリー21安藤建設に不動産売却査定を依頼する

ご来店予約・ご相談はセンチュリー21安藤建設へお気軽にお問合せください。

センチュリー21安藤建設へのお電話はこちらから 不動産売却に関するお問い合わせはこちら ワンくん

PAGE TOP